2007年10月29日

危険な「たまごちゃん」

すっかり久しぶりの更新となってしまいましたふらふら
しかし今日は「書かねば!」ということがあり、重い腰をあげた次第です。

さて、みなさんは「たまごちゃん」というワンコ用のおもちゃをご存知ですか??
コレです↓↓
tamago.jpg
この写真は後に書くmixiの記事上から拝借したものですが、
うちにも以前全く同じ物がありました。
小ぶりで柔らかいので口にくわえやすいようで、かなりお気に入りでした。

外で遊んでいて紛失してしまったので、同じ物を探したくらいです。
コレが二代目。(商品名はたまごちゃんではありませんが、ほぼ同じ物です)
nidaimatamago.JPG

ところでこの「たまごちゃん」について、mixiのフレンチブルドッグ♪というコミュニティで
驚くような書き込みがありました。
すでにご覧になった方も多いと思いますので、興味のある方だけ続きをどうぞ。
たまごちゃんを知らなかったら冷静に読めたのかもしれませんが、
同じ物で遊んでいたので冷や汗が出ました…。

以下、かちこみさんという方の書き込みをそのままの形で掲載させていただきます。

_____________________________

先週の月曜日の夜に悪夢のような出来事が...
おもちゃ好きなブルちゃん達がいらっしゃったら
読んで欲しいと思って書きました
読んでください
フレンチブル 女の子《花丸》 4歳半です。
大好きなおもちゃ【たまごちゃん】を加えながら遊んでました

【たまごちゃん】ブルちゃんには注意してください(>_<)
動物病院の先生方の資料の分厚い本に、まさに今回と同じケースの
症例写真が載っていて、見せて頂きました
全く同じ【たまごちゃん】でした

たまごちゃん歴は1年で、今までも異物を飲み込むなんて
なかったのですが...

一瞬の出来事でした

急いで夜間病院にかけつけ、

動脈の止血の注射の副作用で、胃の中のものを吐かせる注射を
打ったが、駄目でした。
翌朝、内視鏡でまだ胃の中にあればつまみ出そうと言うことで
どうか...まだ胃の中に留まってますように...と祈る気持ちで
一杯でした。

オールゴムなのでレントゲンには写らないのでどこに留まってるか
確認できなかったのです

午後2時頃、病院から電話が!!
全身麻酔で内視鏡で胃の中にある事が確認できたのですが、
ツルツルすべって全くつまむ事が出来ないと
これ以上続けると、腸へ、イってしまう危険性もあるので
開腹手術させていただく事に同意いただけますか。と連絡が

皮膚、腹膜、胃を17センチほど切る事になりました。
涙がとまりませんでした

あとで詳しい説明を受けた所、先生も偶然で驚いていましたが
本にやむ得なく、開腹手術した症例を見せてくれたのですが

それがたまごちゃんだったんです

胃の中にある写真も載ってましたが胃液べったりついてるし、
オールゴムのおもちゃの怖さも知りました。

今は1週間経過し、元気も出てきたので外へ行きたい行きたいの
ストレスあるようですが、心を鬼にして制限してます

元の様にサッカーとかして猛ダッシュして遊べるのか、、、今私の不安です

長々と読んでいただいてありがとうです

たまご愛用ブルちゃん絶対気をつけてください

_____________________________


この書き込みへのコメントとして、
「うちのコもたまごちゃんを飲み込んで開腹手術をした」
という方もいらっしゃいました。

誤解のないように書いておきますが、「たまごちゃん」は本当にかわいらしく、
ワンコのつぼをくすぐるであろう素敵なおもちゃです。
小型犬なら、見ている時に遊ぶなら問題ないと思います。
ただ、ワンコの体格や口の大きさ、丸飲みする傾向があるか、
などを考慮しないと本当に恐ろしいなぁと思いました。
それは、たまごちゃんに限らずどんなおもちゃにも言えることですが。

そんなわけで、我が家も二代目たまごちゃんは封印ですもうやだ〜(悲しい顔)
これからは、一回り大きくてくわえるのもやっとのミカンちゃんに
がんばってもらうことにします。
tamagomikan.JPG
「たまごちゃんお疲れさま」

実を言うと、たまごちゃんは遊び過ぎてすでに音が鳴らなくなっているので、
すでにポンガの気持ちはミカンちゃんに移っているのでした〜
mikanpon.JPG
「とことんかわいがってあげるんだから」


posted by あず at 21:54| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
誤飲事故ってよく聞きますよね。
口の中のものをとろうとすると
あわててゴックンしますしね・・。
我が家もいろいろおもちゃを与えて
いたので改めて気をつけなきゃ〜。
Posted by リブラ母 at 2007年10月30日 16:55
誤飲事故で開腹手術って結構あるらしいですよね・・・
一瞬の隙に飲み込んじゃうのって本当に恐いですね。
うちもよかれと思って与えていた骨で
歯が欠けて抜歯騒ぎになったりしたので
おもちゃには気を使います。
Posted by おかあはん at 2007年10月30日 20:37
★リブラ母さん
恥ずかしながら、うちのポンガも小さい頃にぬいぐるみについていたリボンを飲み込み、
病院で薬を使って吐かせてもらったことがあるんです…
それから以前より気をつけるようになりましたが、
「これは大丈夫だろ〜」って思ってる物の中にも危ない物があるかもですよね。
口に入れちゃった時、こっちが慌てるとワンコも急いで飲み込もうとするので、もっと魅力的なオヤツなどを見せるほうが効果的かもしれませんね(>_<)
Posted by あず@ポンガママ at 2007年10月30日 21:02
★おかあはんさん
ほんと恐いですよね。
一年も遊んでて大丈夫だったおもちゃを飲むなんて。
うちでも文太くんの抜歯の件を見てから骨を与えるのは止めました。
知らなかったら与え続けていたと思います。
こうやって情報交換できるのってほんとありがたいです。
Posted by あず@ポンガママ at 2007年10月30日 21:12
うわぁ〜・・・本当に怖いね。
まさかと思ってても事故って起きるんだね。あずさんの記事を読んで改めて気を付けようと思ったよ。ありがとう。
Posted by lalaママ at 2007年10月31日 10:39
たまごちゃん。。
誤飲してしまう可能性があるとは、、怖いですね。
家もパピコのときはたまごちゃんに似たようなおもちゃを使って遊んでいましたが、
そのうち興味がなくなり、音が鳴らなくなるからかな??今ではおもちゃ箱の奥に眠っているはず。。
あとで探して処分しとこ〜っと。
情報ありがとうございました。
ホントにこういったことはなかなかニュースや新聞には取り上げられないので、
情報交換がとっても重要になってきますよね〜。

家の誤飲といえば、パピーの頃のぬいぐるみの
鼻&目でした。ボタンで作ってる分です。
いつもウンチに混じってて始めて気づいてました。。(反省)
そういえばこの間のウンチに娘の「ハート型のシール」が張り付いて出てきちゃってました(笑)
いつどこで食べたんだか・・??
Posted by サスケットママ at 2007年10月31日 23:36
★lalaママさん
ほんと恐いですよね。
これを書き込んだ方も、他のワンコにはこんな思いして欲しくないって思って
つらいのに書いてくれたんでしょうね。
教訓として気を付けましょう〜
Posted by あず@ポンガママ at 2007年11月01日 14:17
★サスケットママさん
情報交換はホント、大事ですね。
サスケ君の急性アレルギー症状のことも、「そういうこともあるんだ…」と勉強になりました。
その後サスケ君の体調はいかがでしょう…?

ポンガの最近の誤飲は、梅干の種(のようなもの)。
ある日仕事から戻ると吐いた後があり、その中に梅干の種のようなものが!
家の中では有り得ないので、たぶんお散歩中に食べてしまったんだと思います。
誤飲というか、拾い食いか…。
でも吐いてくれてよかったです、気付かず腸に詰まったりしてたらそれこそ大変でした(>_<)
Posted by あず@ポンガママ at 2007年11月01日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63310112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。